ニキビ跡の赤みを治す化粧水ランキング

おすすめニキビ跡化粧水ランキング

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン

独自の技術で有効成分を肌の奥まで浸透・うるおいを約17時間持続し、ニキビ跡にアプローチ
QuSomeローションも含む「ニキビ跡ケアトライアルセット」 1800円 →1710円
送料無料・期間限定セール中!


リプロスキン

リプロスキン

肌を柔らかくして有効成分を浸透させるニキビ跡ケア専用の導入型化粧水
定期コース 初回2,240円
送料無料・60日返金保証


ノブ ACアクティブ フェイスローション

ノブ

敏感な肌にも優しくうるおいを与える大人ニキビ用化粧水
ノブACアクティブ トライアルセット 1,500円
送料無料


ニキビ跡 化粧水

「ニキビ跡ケアにおすすめ化粧水が知りたい!」
「化粧水が多くてどれを選べばいいかわからない!」

化粧水は、肌トラブルによって選ぶ時に重視すべきポイントが変わることを知っていますか?
そのため、上記の様にニキビ跡をケアできる化粧水をお探しの場合は、ニキビ跡をケアすることに特化した化粧水を選ばなければいけません!

そこで、当サイトではニキビ跡対策のスキンケアに使う化粧品を選ぶ時のポイントとおすすめの化粧水をご紹介しています。
さらに、元美容部員直伝の化粧水の効果を発揮させる使い方も解説しています。

ニキビ跡をスキンケアで改善したいとお考えの方は是非参考にしてみてください☆

ニキビ跡化粧水ならビーグレン


ニキビ跡ケア用化粧水を選ぶ3つのポイント

ニキビ跡を化粧品で選ぶ前に、まずは選ぶ基準を知っておきましょう。
ニキビ跡ケア用の化粧水は、ニキビ跡の原因に対応できる効果があるかどうかが重要です。
そのため、化粧水選びでは、次の3つのポイントをチェックするようにしましょう。
  • ポイント1:肌に優しい
  • ポイント2:保湿成分を配合している
  • ポイント3:浸透力が優れている
では、それぞれのポイントについて解説していきます。

ポイント1:肌に優しい

ニキビ跡 化粧水

ニキビ跡ができているお肌というのはとても敏感な状態です。
そのため、化粧水の成分によっては悪い刺激となってしまい、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

そのため、肌への刺激がなるべく抑えられている化粧水を選ぶようにしなければなりません。

しかし、成分名を一つ一つ確認するには手間がかかるし、どの成分が良くてどれが悪いかなんていちいち覚えていられませんよね。

そこで、肌に優しい化粧水かどうか見極めるには「敏感肌」でも使えるものかどうかを確認すると良いです。
ニキビ跡ができている肌は敏感肌と同じように刺激に弱い状態なので、敏感肌でも使える化粧水であれば肌への負担は最小限に抑えることができます。

ポイント2:保湿成分を配合している

ニキビ跡 化粧水

ニキビ跡をケアする為には、お肌のターンオーバーを促す(新陳代謝を高める)必要があります。
そして、ターンオーバーには、肌の保湿が欠かせません。
そのため、肌にうるおいを与える化粧水の役割はとても重要なのです。

化粧水には大抵保湿成分が含まれていますが、ただうるおいを与えるだけでは足りません。
保湿成分の中には、すぐに蒸発してしまったり、成分が変化してしまうものもあります。
それだと、肌内部で効果を発揮する前になくなってしまうので意味がないのです。

以上のことから、保湿成分は肌に水分を与えるだけでなく、水分を「保つ」ことができるかという点も大切です。
化粧水には、うるおいを持続できる保湿成分が配合されているかどうかもチェックしましょう。

ポイント3:浸透力が優れている

ニキビ跡 化粧水

ニキビ跡ができている肌は、ターンオーバーの乱れなどにより肌のキメが整っておらず、スキンケアの有効成分が肌内部に浸透しづらい状態です。

ニキビ跡の元は肌の奥にあります。
そして、改善する為には、トラブルの元に成分を届けて効果を発揮させることにより、直接アプローチする必要があります。

ですが、ニキビ跡ができている肌の場合は、有効成分がニキビ跡の元に届く前に変化したり、壊れてしまうことが多く、通常の化粧水では肌の奥まで成分を安定して届けることが難しいのです。

しかし、浸透力にこだわった化粧水なら、キメが整っていない肌にも負けずに、成分を安定した状態で肌の奥に届けることを可能にしています。
以上のことから、ニキビ跡のケアには浸透力が優れている化粧水を使うことが大切なのです。

成分を浸透させる技術や仕組みはそれぞれの化粧品により異なりますが、浸透力に優れた化粧品ならそれについての解説がホームページなどに記載されているので、是非チェックしてみると良いでしょう。


ニキビ跡ケア用化粧水ランキング

ニキビ跡ケア用化粧水を選ぶポイントについてわかっていただけたところで、3つのポイントすべてを備えた、ニキビ跡ケアにおすすめ化粧水をご紹介します。

ビーグレン Qusomeローション

ビーグレンのQuSome(キューソーム)ローションは、薬に使われる技術を応用した浸透技術を用いて有効成分を肌の奥まで届けることができます。
そして、ただ保湿するだけでなく、うるおいを肌の内部に17時間も持続させることを可能にしています。
また、肌トラブルが起きている肌に使うことを考えて作られているので、敏感な肌にも使えます。
肌に優しいのに確実な効果も期待できる優秀な化粧水なのです。

ビーグレンQuSomeローションのお試しなら、QuSomeローションを含む化粧品4点(洗顔、化粧水、美容、クリーム)がセットになった「ビーグレン ニキビ跡ケア」の公式通販限定トライアルセットがおすすめです。
上記4点が約7日分のセットになり、通常4422円のところ1800円と大変お得に購入できます。

期間限定お得情報
ビーグレンのトライアルセット通常1800円が1710円で購入できる秋セール実施中!
ビーグレンを始めるなら、お得に買える今がチャンス!(2018年9月30日まで)

ビーグレン ニキビ跡ケアについて詳しく見る



リプロスキン

リプロスキンは、ニキビ跡用の導入型化粧水です。
ニキビを繰り返して乱れたお肌にも美容成分をしっかり浸透させて、肌の角質層で働きかけることにより、肌を柔らかくすることができます。
そして、お肌の内側からしっかりと保湿し、お肌のターンオーバーを正常化させることでニキビ跡の改善をサポートすることができます。

さらにリプロスキンには、お肌を清浄にし、アクネ菌の増殖を防ぐ効果もあるので、ニキビ跡を徹底的にケアしながら、ニキビができにくい健康的なお肌をつくることができます。

リプロスキンについて詳しく見る


ノブ ACアクティブ フェイスローション

ノブ ACアクティブ フェイスローションは、トラブルが起こっている肌にも、ナノ化された成分が浸透してたっぷりとうるおいを与えることができます。
しかし、うるおうのにべたつかないという点が使用した方々にも好評です。

ノブ ACアクティブにもトライアルセットがあるため、化粧水をはじめ、洗顔や乳液など、ノブのスキンケアを一通り体験することができるのでおすすめです。

ノブ ACアクティブについて詳しく見る

ビーグレンQuSomeローションが1位の理由

ビーグレン

数ある化粧水の中でもニキビ跡ケアにおすすめな化粧水は、1位の「ビーグレン QuSomeローション」です。

QuSomeローションに配合されている「QuSomeアクティベートコンプレックス」は、ビーグレン独自の浸透テクノロジーである「QuSome」を用いて、4つの有効成分を肌の奥まで安定した状態で届けることを可能にしています。

そして、約17時間もの長時間うるおいを持続させることで、肌を健康な状態に保つサポートができます。

さらに、QuSomeローションを使うこと肌状態を整えると、後に使う美容液やクリームの効果を高める相乗効果も期待できます。

ニキビ跡のケアにQuSomeローションをお試しする際には、「ビーグレン ニキビ跡ケアトライアルセット」がおすすめです!
QuSomeローションはもちろん、洗顔、美容液、保湿ゲルがセットになったニキビ跡ケアに特化したセットが、1800円とお手頃価格で購入できます。

さらに今なら、新発売の「ナノオフクレンジング(トラベルサイズ)」がもれなく付いてくるため、手軽にビーグレンのニキビ跡ケアが実感できるチャンスです!

ニキビ跡ケアトライアルセットは、ビーグレン公式サイトからのみ購入ができます。
この機会に是非、ビーグレンのニキビ跡ケアをお試ししてみてはいかがですか?

期間限定お得情報
ビーグレンのトライアルセット通常1800円が1710円で購入できる秋セール実施中!
ビーグレンを始めるなら、お得に買える今がチャンス!(2018年9月30日まで)

ビーグレン公式サイトはこちら

化粧水の効果を高める使い方

化粧水は、配合成分などはもちろん、使い方によっても効果が変わります。
ここからは、化粧水の効果的な使い方をご紹介します。

洗顔で汚れを落とし切る

化粧水を使う際に、肌に汚れが残っていては化粧水の成分の浸透を邪魔してしまいます。
そのため、化粧水の前の洗顔で汚れを落としきることが重要です。

特に、メイクによる頑固な汚れや毛穴に入り込んだ汚れが落としきることが難しいです。
洗浄力の高いクレンジングと洗顔料を使って、しっかりと汚れを落とすようにしましょう。

ただ、洗浄力の高いクレンジング・洗顔料は、肌への刺激が強いものも多いので、肌に優しく洗浄力が高いものを選ぶことも忘れないでください。

洗顔後すぐに化粧水をつける

洗顔後は、肌に水分を留めている皮脂の量が、洗顔により洗い流され一時的に減っていますので、肌内部の水分が失われやすい状態です。
そのため、洗顔後はなるべく早く化粧水を塗ることをおすすめします。

「すぐにスキンケアするからいいか」と思いがちですが、短い間でもで肌内部から水分はどんどん失われていっています。

お風呂の後の場合は、服を着る前にまず化粧水を塗り、保湿するよう心がけましょう。
服を着て落ち着いてからスキンケアをしたいという方は、スキンケアまでの間のつなぎとして別の化粧水をプレ化粧水として利用すると良いです。

プレ化粧水は、スプレータイプのものが使いやすく、比較的安いものでも問題ありません。

化粧水は手(ハンドプレス)でつける

化粧水を付ける際には、コットンに染み込ませて付けると言う方も多いと思いますが、ハンドプレスでつけるのがおすすめです。

ハンドプレスは、コットンでのパッティングよりも肌への刺激が少なく化粧水を付けることができます。
さらに、手の体温により血行が促進され、成分が肌へ浸透しやすいというポイントもあります。

ハンドプレスを行う際は、優しく気持ちいい程度に、丁寧に押すことが大切です。
強く押しすぎたり、叩いたりすると、逆に刺激になってしまいますので、注意してください。

乳液・クリームでフタをする

化粧水をつけた後は、乳液や保湿クリーム、保湿ジェルを使って水分を肌に閉じ込めましょう。

乳液や保湿クリームは、水分が逃げないようにフタをする役割があります。
化粧水だけではどうしても蒸発しやすいため、化粧水の上から乳液や保湿クリームで覆うことで、水分の蒸発を防ぎます。

乳液・クリーム・ジェルのどれを使うかですが、基本的には使う化粧水とセットとして推奨されているものを使うと良いでしょう。

特徴としては、乳液の方が比較的さっぱりに仕上がり、クリームはしっとりとしています。
ジェルは2つの間という感じです。

化粧水単品の商品の併用品を探している場合は、上記の特徴から肌に合ったお好みの仕上がりの物を選ぶと良いです。

基礎化粧品は同じブランドで揃えよう!

洗顔、化粧水、美容液、乳液・保湿クリーム・保湿ジェルなど、それぞれのアイテムに役割があります。

それぞれのアイテムに属する化粧品は無数に存在しますが、スキンケア効果を考えると、同じブランド(ライン)で揃えることが一番おすすめです。

同じブランドの化粧品を使うことで、それぞれの効果を高め合うことができ、足りない部分(成分)も補うことが可能です。

別ブランドの化粧品を併用したからと言って、肌にトラブルが起こることはごく稀ですが、成分が過剰になってしまったり、成分を変化させてしまったりなどもあり得ます。

そのため、効果的なスキンケアをするなら、なるべく同じ化粧品ブランドで揃える方が良いでしょう。

まとめ

ニキビ跡をスキンケアで改善するためには、化粧水の選び方にもポイントがあることがわかっていただけたと思います。

化粧水はスキンケアの中でも肌トラブル改善・美肌作りで大きな役割を果たすアイテムです。
当記事で紹介したポイントを参考に、あなたに合った化粧水を見つけてください。

また、使い方によっても、効果の度合が変わってきます。
効果的にニキビ跡をケアするためにも、化粧水の選び方・使い方にはこだわる様にしましょう。

ニキビ跡化粧水ならビーグレン

ニキビ跡ケアに選んではいけない化粧水

ニキビ跡は化粧水を使うことで自宅でも簡単に改善できます。
しかし、ニキビ跡ケアとして選んではいけない化粧水があります。
そのポイントを理解した上で化粧水を選び、ニキビ跡を解消しましょう。

 

石油系界面活性剤が含まれている化粧水

化粧水には有効成分以外にも、商品の状態を維持するための防腐剤といった添加物が含まれています。
添加物の中でも特に「石油系合成界面活性剤」が含まれている化粧水は要注意です。
石油系界面活性剤は、使いすぎると肌のバリア機能が低下しやすくなり、かえって肌を傷つけてしまうことになるので、この成分が含まれているものは選ばないようにしましょう。

 

ピーリング効果がある化粧水

ピーリングは、フルーツ酸などで古い角質を溶かし、強制的にターンオーバーを促すことでニキビ跡を改善する方法です。
軽度のクレーターニキビ跡には効果が期待できますが、ピーリングは刺激が強く使用後の肌が乾燥しやすくなります。
また、拭き取りタイプのピーリングは摩擦によって肌への負担も大きくなるので避けるようにしましょう。

 

アルコール成分が含まれている化粧水

エチルアルコール、エタノールといったアルコール成分が含まれている化粧水は、肌にスーッと馴染むような使用感で肌に浸透しているイメージがありますが、肌に必要な水分が奪われて乾燥し、皮脂の過剰分泌に繋がるのでお勧めしません。
「さっぱりタイプ」と表記されている化粧水には、アルコール成分が含まれていることが多いので要注意です。

 

ニキビ跡化粧水の有効成分の解説

ニキビ跡化粧水に多く含まれている有効成分について解説します。

 

ビタミンC(ピュアビタミンC)

ビタミンCは抗酸化作用があり、ニキビの症状を悪化させる原因となる活性酸素を除去する効果があります。
その他にメラニンの生成を抑制する働きがあるので、色素沈着にも効果的な成分です。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせないので、ニキビ跡を改善させたいと考えている人には最適の成分です。
ただ、ビタミンCは水溶性で、非常に不安定で壊れやすい成分であるため、そのまま化粧水に配合する事が難しい性質を持っています。
ビタミンCを安定した状態で肌に浸透させるために、「ビタミンC誘導体」などの工夫がされている化粧水を選びましょう。
※ビタミンC誘導体とは…壊れやすいビタミンCを改良し、安定した状態でビタミンCを肌の奥に浸透させることができる成分です。

 

ハイドロキノン

ニキビ跡の原因の一つに色素沈着があり、その原因はメラニンです。
メラニンは、紫外線やニキビなどの炎症による刺激によって生成されます。
肌のターンオーバーが正常に行われている場合、自然と排出されていくのですが、ターンオーバーが乱れていると、うまく排出されず色素沈着のニキビ跡となります。
ハイドロキノンは、このメラニンの生成を抑制する働きがあるので、多くのニキビ跡化粧水に有効成分として配合されています。

 

ヒアルロン酸

肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されて肌の状態が悪くなり、ニキビやニキビ跡ができてしまうので肌を保湿することが重要です。
ヒアルロン酸は、1gで6000mlの水分を保持できると言われており、肌に潤いを与え清潔に保つ効果があります。
また、ヒアルロン酸は肌のツヤに必要なコラーゲンと密接に関係しているので、ニキビ跡だけでなく肌トラブル全般にも効果的です。

 

赤みニキビ跡の原因と治し方

赤みニキビ跡は、ニキビの炎症によって血液の流れが滞ってしまい、その部分に赤みが出ることで起こります。
ニキビ自体が消えても、肌の内部ではまだ炎症が治っていないため肌に赤みが残ってしまうのです。
また、この炎症が酷い場合は肌の奥の真皮層で血液が変色し、色素沈着を起こしてしまいます。

 

赤みニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。
肌のターンオーバーを正常化にするには、肌の機能を高めることが必要で、そのためには化粧水によるスキンケアが効果的です。
使用する化粧水は、正常なターンオーバーを促す成分や、ニキビ跡を改善・予防するための有効成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。
また、肌は毎日の生活習慣にも大きく影響されます。
睡眠不足や食事での栄養バランスの偏りが肌のターンオーバーを乱す原因となります。
十分な睡眠をとることで成長ホルモンを促し、バランスの良い食事で肌に必要な栄養を摂るなど、生活習慣を改善することもニキビ跡の改善に繋がります。

赤みのあるニキビ跡は自宅で治せる!

ニキビ跡 赤み 消えない

気になるニキビがせっかく治ったのに赤みが消えない・・・。
そんなときは「もう一生治らないの!?!?」と不安になってしまいますよね。

でも、ご安心ください。ニキビ跡が赤いことは軽症の証拠。肌の表面付近でで炎症を起こしている場合が大半で、クレーター型に比べるとかなり軽症なケースが多いのです。
自然に治癒することも多いですが、自宅で適切にケアすることで治癒を早める効果を期待できます。
ニキビ跡の赤みの原因についてしっかりと学び、赤みに効く適切なケア用品を選ぶことで以前のようなツルツル卵肌を取り戻しましょう!

ニキビ跡の赤みの原因は?

ニキビ跡の原因になってしまうのは、主に赤ニキビです。赤ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖して炎症を起こすと、血液の流れが滞り、肌表面に赤みが出てしまいます。
ニキビ跡の赤みは、実はこの炎症による血液の滞りが原因となっています。
ニキビ自体が治ったように見えても、肌の内部ではまだ炎症が治っていないため肌に赤みが残ってしまうのです。

ほとんどの場合は時間が経てば治癒しますが、炎症が酷い場合は、肌の奥の真皮層で血液が変色し、色素沈着を起こしてしまいます。
また、ニキビをつぶしたり何度も触ったりしてしまうと、ニキビが化膿し、より炎症が強くなることでニキビ跡が残りやすくなるので注意が必要です。

1.目立つニキビ跡を治せる化粧水とは

ニキビ跡で悩んでいる人は多くいます。
その中でも赤みのあるニキビ跡で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
赤みのあるニキビ跡は、ニキビ跡の中でも初期段階のニキビ跡です。
ニキビ跡といっても色々あり、この赤みのあるニキビ跡なら、正しいスキンケアをすることで改善させることが可能です。
そのスキンケアでも重要になるのが化粧水です。
普段使っている化粧水ではなく、ニキビ跡にも有効な化粧水を使うことで、赤みを薄くしてくれ、気になるニキビ跡も徐々に目立たなくなります。
ニキビ跡に有効な化粧水を利用して、気になっているニキビ跡の赤みを解消し、ニキビの予防も行っていきましょう。
また、ニキビ跡に効果的な他の化粧品(美容液・乳液など)と組み合わせることで、より高い効果が期待できます。
ニキビ跡用の化粧品は、赤み以外でもシミの様な色素沈着型や凸凹クレーター状のニキビ跡の改善にも役立ちます。

1-1.ニキビ跡ケアできる化粧水の効果と成分を徹底解説!

赤みがあるニキビ跡は、ニキビの症状は治まっている状態なのですが、完全に炎症が治まっていない状態とも言えます。
そのため、化粧水に期待するのは、炎症を抑える効果です。
化粧水で含まれている成分で炎症を抑えてくれる有効成分としてはビタミンC誘導体がまず挙げられます。
ニキビ跡や炎症を抑えるためには、この成分はとても有効です。
ただ、この成分は刺激を与える原因ともなります。注目したい効果としては肌の機能を高める作用があります。
肌は、しっかりと保湿をしていれば、本来持っているターンオーバー機能によってニキビ跡も徐々に薄くなってきます。
さらに、色素沈着型のニキビ跡にはハイドロキノンなどの美白成分が効果的です。
これらの成分は肌内部まで浸透させることが難しいとされていますが、ニキビ跡に特化した化粧水であれば、肌の奥まで有効成分をしっかり浸透させることができます。

1-2.市販されているニキビ跡ケアできる化粧水

市販されている化粧水の中には、ニキビ跡ケアができる化粧水も販売されています。
この化粧水を選ぶポイントになるのが成分です。化粧品を選ぶ際には、特に主要成分に注目しましょう。
化粧水の中には、様々な成分が含まれています。色々な成分が配合されていると、とても効果があるように感じます。
しかし、赤みのあるニキビ跡は、初期段階の症状ということもあり、多くの成分が配合されている化粧水よりも、肌機能を高めてくれることに特化したような化粧水を選ぶことが大切と考えられます。
肌機能さえ高まれば、初期段階の症状は自然と薄くなります。
様々な成分が配合されていることにより、それが肌に大きな負担となってしまわないように、シンプルな成分で構成された化粧品を選ぶのも一つの方法です。

1-3.男性用のニキビ跡ケア用の化粧水も市販されている?

ドラッグストアなどに行くと、ケア用品はほとんどが女性用ばかりだと感じる男性も多くいます。
しかし、数は少ないですが男性用のニキビケア用品も販売されています。
男性でニキビ跡に悩んでいる人は、この男性用の化粧水を使ってケアすることになるのですが、この化粧水でも成分はしっかりと確認しましょう。
肌に刺激となる成分が多く含まれていれば、肌に合わないということもあります。
化粧水選びでは、自分の肌に合った商品を選ぶことが最も重要です。
成分が少なくても、自分の肌に合っているという場合には、しっかりとしたニキビ跡ケアにつながります。

1-4.レディース用とメンズ用の違い

ニキビ跡ケアができる化粧水で、レディース用とメンズ用とで何が違うのかと思う人もいます。
メンズ用は販売されている商品が少ないため、男性でもレディース用の化粧水を使っているという人も多くいるようです。
ニキビケアでは、レディース用とメンズ用とでは洗浄力などの違いはありますが、ニキビ跡ケアの商品ではそれほど違いはありません。
レディース用とメンズ用と別れていても、成分はほぼ同じといった商品もあるくらいです。
ニキビ跡の場合には、肌の状態を整えることが重要になることから、レディース用もメンズ用も大きな違いはないようです。
メンズ用がなくてニキビ跡ケアができないと思っている男性は、レディース用を購入してケアしてみてはいかがでしょうか。

2.プチプラ系コスメは安い値段でニキビ跡ケアできる化粧水!

ニキビ跡はケアしたいけど、あまりお金をかけられないという人もいるでしょう。
そんな人はプチプラ系のコスメを利用してみてはいかがでしょうか。
プチプラと聞くと、逆にニキビ跡が悪化するのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、値段が安いにもかかわらずニキビ跡ケアができる化粧水もあります。
プチプラだからこそ、安心してニキビ跡ケアができるとも考えることができます。
プチプラ系は、シンプルな成分構成で作られているため、肌に与える負担も少ない化粧水です。
負担が少ないことで、本来肌が持っている機能を向上することにもなり、有効なニキビ跡ケアをすることができます。

2-1.ハトムギ化粧水などプチプラ系のおすすめのコスメ!

プチプラ系でおすすめのハトムギ化粧水が、「ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml」です。
この化粧水はハトムギエキスが配合された化粧水で、価格が498円でありながら500mlと大容量なのが魅力です。
価格の高い化粧水を使っていると、少しずつ大切に使っているという人も多くいます。
しかし、化粧水はたっぷりと使ってこそ効果を発揮します。
価格が高い化粧水ではそれができないのが難点です。
このハトムギ化粧水のように、効果も高く、価格も安いのなら何の気兼ねもせずたっぷりと利用できるのではないでしょうか。
化粧水選びで迷っている人は、まずこのハトムギ化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

2-2.プチプラ系の化粧水を徹底比較!

プチプラ系の化粧水の魅力は何といっても価格です。
価格が安ければ、それだけたっぷりと使うことができます。
毎日しっかりとスキンケアをしたいけど、お金をかけられないという人は多くいます。
とくに、若い人ほどその傾向は強いようです。
若いときは、肌の回復力も高く、何もしなくてもある程度はニキビ跡も改善されます。
しかし、洗顔後にしっかりと保湿をしないようなスキンケアを続けていると、肌はどんどんと機能が低下してしまいます。
スキンケアにあまりお金をかけることができない人を助けてくれるのがこのプチプラです。
プチプラ系の化粧品をうまく利用して、綺麗な肌を取り戻してみてはいかがでしょうか。

2-3.ハトムギ化粧水を使っている人の口コミ体験談

ハトムギ化粧水を使って毎日ケアをしているという人は多くいます。
そんな人の口コミを見ると、夜はハトムギ化粧水を使っている、値段が安いから心配だったけど本当に肌荒れが治った、ハトムギ化粧水とニベアでニキビケアをしているといった声を見ることができます。
このように、ハトムギ化粧水を利用してニキビ対策をしているという人は多くいるようです。
ハトムギ化粧水は価格が安いこともあり、気軽に試すことができる商品となっています。
1,000円以下で購入できる化粧水なら気軽に試せるのではないでしょうか。
効果を疑っている人も、まず購入してこのハトムギ化粧水の実力を体験してみることをおすすめします。

ニキビ跡をケアしていくためには、まず肌の機能を高めることが重要で、その肌の機能を高めるためは化粧水が重要な役割を果たすことになります。
化粧水を利用することにより、乾燥しやすい肌を守ることができます。
洗顔後やお風呂上りなどは、肌が乾燥しやすい時です。
この時に、化粧水をケチっていたのでは、しっかりと肌を守ることができません。
経済的な負担が気になる人はプチプラ系の化粧水を利用して、たっぷりと使うことで肌にしっかりと潤いを与えることができます。
また、洗顔後やお風呂上りにすぐに使うというのも重要です。
時間を空ければ空けるほど、肌は乾燥してしまうので、余分な水分を拭き取って、すぐに化粧水を使うようにしましょう。

 

4.ニキビ跡の赤みをすぐに消す方法はある?
ニキビの症状が治まっても、赤みが残ってしまい悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
このニキビの症状が治まった後に残る赤みは、そのまま放置していても自然と治ることもあるのですが、人によってはなかなか消えないというケースもあるようです。
この赤みを消す方法としては、肌の代謝を促進させたり、メイクなどによって隠すという方法があります。
肌の代謝を促進させるといっても、ピーリングなどをしてしまうと、肌に強い刺激を与えることになり、さらに目立つ状態となってしまうこともあります。
この赤みを消すための正しい方法についてみていきましょう。

 

4-1.赤みを消すにはターンオーバーの正常化が重要

赤みを消すためには、まずは肌の状態を整えましょう。
肌のターンオーバーが正常化すれば、自然と赤みは消えていきます。
しかし、ニキビができやすいという人は、肌の状態がいいとはいえません。
そのため、赤みを消すためにも、ニキビ予防のためにも、この肌の状態を整えることが重要になります。
肌のターンオーバーを正常化させるためには、睡眠をしっかりととって成長ホルモンの分泌を促す必要がありますし、バランスの良い食事で肌に必要な栄養を摂ることも大切です。
生活習慣やスキンケアをしっかりとしていき、赤みが消えやすい肌の状態にしていきましょう。

 

4-2.生活習慣も見直しを

肌のターンオーバーを正常化させるためには、生活習慣が重要です。
食生活が乱れていては必要な栄養が摂取できません。
日本の食生活も欧米化が進み、どうしても油分の多い食事をしている人が多く、ニキビができやすい食生活と言えます。
また、ダイエットをして、偏った食生活をしていたのでは、肌に必要な栄養が不足し、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。
肌の代謝では成長ホルモンが重要となるのですが、睡眠不足もターンオーバーを乱す原因となります。
喫煙をしている人は、禁煙を頑張ってみてはいかがでしょうか。
タバコを1本吸うだけでも、肌に必要な成分である多くのビタミンCが失われると言われ、禁煙するだけでも肌に良い影響を与えます。

 

4-3.即効性のある方法はない

赤みを消すためには生活習慣を見直して、肌のターンオーバーを整えることが重要です。
肌のターンオーバーが正常化すれば、自然と赤みも薄くなっていきます。
ただ、この肌のターンオーバーを正常化させるためにはどうしても時間が必要となります。
肌が生まれ変わるサイクルは、20代で28日程度はかかるとされ、この間はしっかりと規則正しい生活習慣を送る必要があります。
短期間で治そうと様々なケアをすることにより、逆に肌に大きな負担を与えてしまい、症状が長引く可能性もあるので、コツコツとケアを続けていくことが大切です。
根本的に赤みを消すためには、多少の時間は必要と考えておきましょう。

 

5.1日で消す!赤みニキビ跡の隠し方

根本的に赤みを消すためには時間が必要になります。
コツコツとケアを続けることが根本的な解決につながり、肌が正常化することでニキビ予防にもなります。
しかし、この気になる赤みを今すぐにでも消したいですよね。
そんな人はすぐに治す方法を考えるのではなく、隠せる方法を考えてみましょう。
自然と消すためには、どんなケアをしたとしても早くて1ヶ月程度の時間は必要です。
その間は、上手く隠しながら肌の状態を整えるケアをしていくことが効果的な方法です。
赤みを上手く隠すことができれば、コンプレックスなどを感じることなく、正しいケアも続けることができます。

 

5-1コンシーラーなどのメイク用品を利用

多くの人が赤みなどのニキビ跡を隠すために利用しているのがメイク用品です。仕事に行くときには毎日メイクをすることから、このメイクによって上手く隠すことができます。
赤みを隠すためのメイク用品として、重要なアイテムとなるのがコンシーラーです。
ファンデーションで隠そうとするのではなく、コンシーラーを上手く使いましょう。
コンシーラーの利用にはカラー選びが重要です。
赤みが強いという人にはグリーン、それほど赤みが強くないという場合には、イエロー系のコンシーラーでしっかりとカバーすることができます。
グリーンは赤みを薄くする効果があり、赤みが強く出ている人にはおすすめのカラーです。

 

5-2絆創膏を貼って隠す

赤みを消す方法として絆創膏を利用するという方法があります。
絆創膏を使って隠すということではなく、絆創膏のガーゼ部分に薬を塗って炎症を早く鎮めるという方法です。
赤みが伴っている場合には、症状が治まったと思っても、皮膚の中ではまだ炎症が続いているというケースもあります。
赤みを消すためには、まず症状を早く鎮める必要があります。
夜に薬を塗って寝たとしても寝具に触れて落ちてしまうこともありますが、絆創膏を利用すれば、寝ている時にでもしっかりと薬が浸透し効果を実感しやすくなります。
肌のターンオーバーを正常化させることも大切ですが、まずは症状を鎮めることも考えましょう。

 

5-3マスクをつけて見えなくする

最も手軽な方法がマスクを利用するという方法です。
最近では、特に風邪をひいていなくても、外出する時にはマスクをするという人は多くいます。
春になれば花粉症などが気になりマスクをするという人は多くいますし、春でなくてもPM2.5を気にしている人は、1年中マスクをしているという人もいるようです。
周りにマスクをしている人が多ければ、ニキビが気になるときにも便利に利用できます。
周りの人に聞かれたときにでも、花粉やPM2.5、冬ならインフルエンザが気になるからつけていると言って言い訳をしておけば、誰も不自然さを感じません。

 

6.自力で治そう!自宅でできる簡単ケア

赤みはメイクやマスクによって隠すことはできるのですが、自力で治す努力も重要です。
特に毎日のスキンケアは重要なポイントとなります。
やり過ぎればターンオーバーを乱す原因となりますし、正しいスキンケアによっては、スキンケアでターンオーバーを正常化させることも可能です。
肌が脂性という人は、過剰な洗顔をしていませんか?
このようなケアをしていると、どんどんと肌のターンオーバーは乱れていきます。
また毎日のメイクを落とすときにも、毛穴にメイクが残っていたのでは、肌トラブルの原因ともなることから、毎日のスキンケアを見直してしっかりとケアしていきましょう。

 

6-1.正しい洗顔方法で優しく洗う

スキンケアの基本は洗顔です。
この洗顔で正しい洗顔とは、肌に負担をかけず、しっかりと汚れを落とすということです。
ニキビが気になる人はどうしても念入りの洗顔になりがちです。
しかし、その洗顔がニキビの原因となったり、ターンオーバーを乱す原因となっている可能性もあります。
正しい洗顔では、しっかりと泡立てるということが基本です。
弾力のある泡で洗顔することにより、洗顔時にかかる肌への負担を減らすことができます。
また回数にも注意しましょう。
今まで皮脂が気になるからと何度も洗顔をしていたという人は、朝と夜の1日2回に減らしましょう。

 

6-2.ビタミンC誘導体の化粧水は強い味方

スキンケアでは化粧水が重要なポイントとなります。
肌のターンオーバーを整えるために強い味方となってくれるのがビタミンC誘導体です。
肌にはビタミンCが重要な成分で、食事の中でもビタミンCを多く含む果物や野菜を摂取することも重要ですが、普段使っている化粧水にもこのビタミンCが配合されているとさらに効果を発揮してくれます。
ニキビによってメラニンが多く作られ、赤みよりも治りにくい色素沈着を起こすこともあります。
ビタミンCにはこのメラニンの生成を抑制する効果があるので、色素沈着を防いでくれる効果が期待できます。

 

6-3.プラス美容液で効果をアップ

洗顔後の化粧水は、肌の乾燥を防ぐためにもとても重要なのですが、化粧水の大半は水でもあるため、美容効果を得るためには、化粧水プラス美容液も使ってみましょう。
美容液もしっかりと使うことで、肌に有効な成分のさらなる効果アップが期待できます。
美容液は、化粧水よりもより美容成分が濃縮されて配合されています。
そのため、ビタミンC誘導体などが配合されていれば、その効果も美容液の方が高いということです。
また、洗顔後の肌は乾燥しやすいので、化粧水や美容液に保湿成分がしっかりと配合されていることも確認しましょう。
化粧水や美容液などの化粧品を使うことも、赤みを消すためのケア方法としては有効です。

 

6-4.ニキビ跡の赤みは放っておいても自然治癒する?

ニキビの赤みは、特別なケアをしなくても、自然と消えるのではないかと思っている人もいるでしょう。
確かに、放っておいても自然治癒することはあります。
しかし、赤みがあるときには、皮膚の奥で炎症が続いていることもあり、このまま放置をしておくと、真皮層までダメージを受けてしまい、ニキビ跡の原因となってしまいます。
色素沈着を起こした程度のニキビ跡なら、美白成分が配合された化粧品などによって消すことも可能ですが、クレーター状のニキビ跡では、美容クリニックなどでレーザー治療などを受ける必要もあります。
このような状態にならないためにも、放置をせず、肌の状態を整えることは重要です。

 

ニキビ跡化粧水ならビーグレン